最適な補綴治療を受けるために

尼崎のインプラント治療といえば大井歯科医院|ホーム > インプラントとその他治療方法との比較

補綴治療の比較 ~あなたにとって理想の治療とは~

大井歯科医院では、歯の欠損部位の治療としてインプラントをおすすめしていますが、そのほかにも入れ歯やブリッジ(※)があります。以下では、それぞれの治療を比較しています。
※両隣の歯を支えにして橋をかけるようにして固定する補綴治療

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 見た目に優れている
  • 顎の骨がやせにくい
  • 周囲の歯にダメージを与えない
  • 費用が安価
  • 治療期間が短い
  • 手術の必要がない
  • 装着時に違和感が少ない
  • 見た目が自然
  • 手術の必要がない
デメリット
  • 手術をともなう
  • 費用が高額
  • 硬いものがうまく噛めないことがある
  • バネ(留め金)により支えとなる歯に負担がかかる(部分入れ歯の場合)
  • 見た目が不自然になることがある
  • 食事が楽しめないことがある
  • 装着時に違和感があることがある
  • 顎がやせる
  • 健康な両隣の歯を削らなくてはならない
  • 支えとなる歯に負担がかかる
  • 顎がやせる

咬み合わせへの影響

それぞれの治療では、歯に対する力のかかり方が異なります。そのため、治療法によっては他の健康な歯にダメージを与えてしまうことがあります。咬みあわせが乱れてしまうことにより、健康な歯にダメージを与えてしまったり、健康にも影響を与える可能性があります。

インプラントの場合 入れ歯の場合 ブリッジの場合
インプラントの場合 入れ歯の場合 ブリッジの場合

インプラントが歯根の役目を果たすため噛む力が歯全体に均等にかかり、咬み合わせが安定します。

入れ歯は歯ぐきの上に乗っているに過ぎないので、噛む力が加わったときに沈み込み、歯ぐきを傷つけたり、入れ歯を支える歯に負担がかかってしまい咬み合わせが乱れるおそれがあります。

人工歯を支える両隣の歯への負担が増え、ブリッジで支える両側の歯を弱めてしまう恐れがあります。

このように、それぞれの補綴治療にはメリット・デメリットがあります。大井歯科医院では、いずれの治療にも対応。それぞれの治療法の特徴についてわかりやすく説明したうえで最適な治療をご提案しています。

歯のお悩み、なんでもご相談ください