治療を断られてしまってもあきらめることはありません

尼崎のインプラント治療といえば大井歯科医院|ホーム > インプラントを断られた方へ

インプラント治療をあきらめかけている方へ

インプラント治療は、顎の骨と結合させたインプラントを支えにして人工歯を固定する治療法。そのため、顎の骨が薄いとインプラントを埋入してもうまく固定できないため、治療ができません。

そこで、骨が薄い方でもインプラント治療を成功させるために、当院では「骨造成」と「グラフトレスソリューション」といった方法を採用しています。いずれも高い治療技術が求められる処置ですが、綿密な診査・診断にて安心・安全な医療をご提供しています。

骨造成

インプラントを固定できるだけの骨量を確保する処置です。処置には顎の骨の状態に応じて3パターンあります。

メリット
  • 歯が生えていた場所とほぼ同位置にインプラントが埋入できるようになるため、安定性が高いといえる
デメリット
  • 通常のインプラント治療よりも期間がかかる
  • インプラント埋入以外の処置を行うため、追加の手術をともなう
サイナスリフト法

顎の骨の厚みが3~5mmより薄い場合に行います。「上顎洞(サイナス)」という上顎にある空洞の底を押し上げ、そこに自家骨(患者様自身の骨)や骨補填材を入れて骨の厚みを再生させます。

GBR法

厚みが不足している部分に「メンブレン」という膜を入れて骨を再生させるスペースを確保し、骨補填材を入れて顎の厚みの再生を促します。

ソケットリフト法

歯を失った部分から行う治療で、骨の厚みが比較的ある場合に行います。サイナスリフト同様に上顎洞を押し上げ、自家骨(患者様自身の骨)や骨補填材を入れ、骨の厚みを再生させます。

当院の症例 「骨移植」

インプラントを埋入する箇所の骨が少ない為、 自分の骨を利用して顎の骨を増やす「自家骨移植」を行った症例です。

術野。欠損部にインプラントをするのですが、CT撮影で骨がないことがわかり骨移植をすることになりました。

弁を開けて骨欠損部を明示

反体側の下顎骨より移植用骨片を切り出す

取り出した移植用骨片

設計図

移植骨片をチタンのスクリューで移植部位に固定

当院の症例 「GBR」

インプラントを埋入する骨の厚みが薄い際に、骨組織の再生を促す GBR(骨誘導再生)法を行った症例です。

インプラント埋入予定部位骨が痩せているのが確認できます。

創部を開いて埋入する骨を明示

インプラントを予定部位に埋入

骨の足りない部位に人工骨と膜を用いてGBR(増骨術)を行います。

6ヶ月後にインプラント上部まで骨ができている事が確認できます。

縫合

グラフトレスソリューション

インプラントを確実に固定できる場所に埋入する処置です。当院では、患者様のご希望や顎の骨の状態に合わせて、2パターンのなかから最適な処置をご提案しています。

メリット
  • 骨造成よりも痛みや腫れなどが少ない
  • 骨が再生するまでの期間が必要ないため、治療期間が短い
デメリット
  • パターンにより強度に問題が出る場合がある
  • 高度な技術が求められるため、対応できる医院が少ない
傾斜埋入

上顎洞などを避けて、骨の厚みがある部分に斜めに埋入します。このとき、人工歯根が斜めに出るため、人工歯との連結部で角度を調整する必要があります。

ショートインプラント

長さが短いインプラントを埋入します。強度に問題が出る可能性があるため、複数本必要になる場合があります。

歯のお悩み、なんでもご相談ください