現代のトラブルメーカー 「親知らず」について知りましょう

尼崎のインプラント治療といえば大井歯科医院|ホーム > 歯周病とインプラントの関係性

「親知らず」の抜歯

「親知らず」の抜歯

インプラント治療以外に外科手術をともなう歯科治療として代表的なのが、「親知らずの抜歯」です。尼崎の大井歯科医院では、大阪大学の口腔外科で研磨を積んだ歯科医師が在籍しており難症例の抜歯にも対応し、専門性の高い安全な治療を提供しております。気になる親知らずがある方は、一度ご相談ください。

親知らずとは?

親知らずとは?

親知らずは20歳前後に生えてくる「第3大臼歯」のことで、前歯から数えて8番目に生えてくる“奥歯のさらに奥の歯”です。かつては「奥歯」として問題なく使われていた歯ですが、やわらかい食べ物が増えて顎が細くなり、この親知らずがきちんと生えるのに十分なスペースがなくなった現代人においては、横を向いたり斜めになったりして生えてくるケースが多いことから、トラブルを招きやすい存在として知られています。

親知らずが痛む理由

親知らずは、他の永久歯に比べて生えてくるのがとても遅いのが特徴です。顎が細い(小さい)多くの現代人の場合、20歳前後の時点で親知らずが出てくるスペースがないため、手前の大臼歯の下にもぐり込んでしまいます。

親知らずが痛む理由

すると、手前の大臼歯ともぐり込んでしまった親知らずの間にはスペースが生まれ、そこに食べカスなどの汚れがたまっていきます。この中で細菌が繁殖すると、炎症が引き起こされて腫れや痛みが出てくるのです。腫れた歯肉は歯に当たることでさらに傷つき、それがさらなる炎症をもたらす――これが「親知らずの痛み」の原因です。

親知らずに関するQ&A

親知らずの抜歯が必要になるのはどんな場合ですか?

抜歯が必要になるのは、親知らずが周囲に悪影響を及ぼしている場合、もしくは及ぼすリスクがあると考えられる場合です。具体的には、以下のようなケースが考えられます。抜歯するかどうかには正しい診断が求められますので、一度診察のためにお越しください。

  • 親知らずが斜めや真横に生えてしまっている場合
  • 歯ブラシが届きづらく、ケアをしづらい場合
  • 周りの歯肉に腫れや炎症が起こっている場合
  • 親知らずが虫歯になってしまっている場合
  • 親知らずの周囲の歯が虫歯になってしまっている場合
  • 上下の噛み合わせが悪くなっている場合
抜歯をした後はどれくらい腫れますか?

比較的簡単な処置で済む「上の親知らず」の抜歯では、通常であれば術後1日くらいで痛みや腫れが引いてきます。ただし、1週間ずっと痛みが出続けるという方も、5%くらいいらっしゃいます。腫れや痛みについては親知らずの位置や患者様の体質によって大きく変わってきますので、まずは検査を受けていただくことをおすすめします。

埋まっている親知らずはどのように抜くのですか?

埋まっている状態や程度にもよりますが、基本的には歯ぐきを少し切開し、埋まっている歯を露出させてから、抜歯を行います。歯が横に向いてしまっている場合は、歯を削って小さく分割してから歯を取り除きます。傷の治りをよくするために、最後はしっかり糸でぬいます。

親知らずを同時に抜くことは可能でしょうか?

できれば同時に抜かないほうがよいでしょう。下の親知らずを抜いた場合は腫れが出ることが多いので、食事がしにくくなってしまう可能性があります。ただし、ケースによっては抜歯の回数を少なくすることもできますので、まずは担当の歯科医師にご相談ください。

私たちにご相談ください

私たちにご相談ください

外科手術をともなう歯科治療には、事前の精密な検査と正しい診断、そして正確な処置が欠かせません。尼崎市にある大井歯科医院では、豊富な実績と経験をもとに、できるだけ患者様に負担のかからない親知らずの抜歯を行っています。まずはお気軽にご相談ください。

歯のお悩み、なんでもご相談ください